自然に優しい家|住友林業は木のぬくもりを感じる家を作ろう|暖かみを感じる空間

住友林業は木のぬくもりを感じる家を作ろう|暖かみを感じる空間

女性

自然に優しい家

住宅

100年以上持つように

地球温暖化は何年も前から問題視されていますが、住まいにも環境への配慮が求められるようになったのは最近のことです。昔は、新築戸建てを建てるとき、地域ごとの材料を使用して職人の手で作り上げました。現在の新築戸建てに使用される材料は、世界中から集めたものですし、加工にも大きなエネルギーを使っています。結果、環境への負荷が増えているのです。 また、現在の新築戸建てはプラスチック製品などの材料を多用します。プラスチック製品には化学物質が含まれているので、廃棄するときには困るでしょう。これからの新築戸建ては、価格や見た目だけにこだわっていてはいけません。長持ちさせること、自然の材料を使うことが基本になるでしょう。

太陽光発電とパッシブシステム

太陽の光を住まいに利用しようとすれば、太陽光発電が頭に浮かぶでしょう。太陽光発電を利用するには、色々な機械設備を設置することになります。しかし、こうした機械設備を設置しなくても、太陽などの自然エネルギーを利用することはできるのです。パッシブシステムと言って、建物に工夫をして自然エネルギーを利用する方法があります。 しかし、一般的なのは太陽光発電を住まいに設置することでしょう。設置費用は200万円から300万円間が多いです。自治体から補助金が出ることもあるので、お得とは言えますが、注意しておきたいこともあります。 システムの取り付け角度が少し変わるだけで発電量はすぐ増減します。角度には細心の注意を払いましょう。