特徴を知る|住友林業は木のぬくもりを感じる家を作ろう|暖かみを感じる空間

住友林業は木のぬくもりを感じる家を作ろう|暖かみを感じる空間

女性

特徴を知る

インテリア

来年は税制面での優遇を受けるための注文住宅の駆け込み需要の可能性

消費税が8%に引き上げられた際、注文住宅は増税の半年前までに契約をしている分に関しては、消費税引き上げ後の引き渡しであっても、引き上げ前の税率が適用されました。その例に倣えば、消費税8%のままで注文住宅を購入するための契約の期限は2016年9月末まで、ということになります。 また、住宅ローン減税の現状の還付水準は、2017年末までの引き渡しに関しては変更なしという事になっています。そのことを見越せば、2016年の、特に4月以降は駆け込み需要が見込まれます。 注文住宅の場合、ハウスメーカーの割引をいかに引き出せるかもコスト削減のためには大きなポイントとなりますが、需要が集まる時期には割引は困難になります。そういった事情を加味すれば、今、なるべく早く契約にこぎつける方が注文住宅を割安で購入できるチャンスが大きいといえます。

税制面だけではない価格高騰傾向の理由

税制面だけではありません。 住宅ローンを組む人の場合、既に超低金利の水準から少しずつ金利が上昇し始めています。 加えて、建設業界の事情も、今がお買い得であるという理由の一つです。 現在、国内の建設業界は震災の復興需要と2020年に向けての競技場や選手、関係者の宿泊施設だけでなく、多くの外国からの仕事や観光のための来訪者に対応するためのインフラも含めた大量の建設需要を抱えています。そのために、資材も大工さんなどの人材も、共に不足している状況にあるのです。需要過多なのですから、当然資材コストも人件費も高騰しています。少なくともこの傾向は2020年までは続きますし、その後も、需要そのものが減ったとしても、コストの下落というものはそれほどビビッドに反応するものではありません。 この傾向は注文住宅の建築コストにも当然反映されており、昨年だけでも注文住宅の建築コストは坪当たり10万円以上高騰しているといわれています。 だからこそ、注文住宅を購入したいのであれば、1年で100万円や200万円程度の自己資金しか貯められないのであれば、それを待つよりはすぐに購入した方が結果的に割安な価格での購入が可能になるのです。